助成事業

 

支えたいのは、その先にある笑顔です。本財団は、厚生労働省の所管に属する公益法人として平成2年4月に設立され、発足以来今日まで様々な事業活動を展開してきました。その事業活動の状況をご紹介致します。

研究・事業助成講演会(シンポジウム)学会・研究会研修委託出版助成
研究・事業助成
 

 在宅ケア推進の一環として、在宅ケア等に関する事業推進団体並びに在宅での医療機器・介護機器等を使用して寝たきり防止対策に関する研究に対し、一般公募により助成を行っております。
 年度別応募件数及び助成件数は下記の通りであります。尚、本助成により行われた研究・事業成果につきましては、[研究助成・事業助成報告書]として公表しております。

 

年 度 応募件数 助成件数 内  訳    助成総額
研 究 事 業 ボランティア
平成2年度 第1回 64 31 17 14  ― 29,566,000円
平成3年度 第2回 67 31 17 14  ― 30,486,000円
平成4年度 第3回 59 31 21 10 30,000,000円
平成5年度 第4回 61 21 15  6 17,600,000円
平成6年度 第5回 50 14 11  3 12,931,000円
平成7年度 第6回 54 16 12  4 12,960,000円
平成8年度 第7回 46 18 13  5 ―  12,850,000円
平成9年度 第8回 44 17 13  4 ―  13,550,000円
平成10年度 第9回 56 22 13  9 18,000,000円
平成11年度 第10回 49 19 11  8  ― 13,500,000円
平成12年度 第11回 35 19 14  5 14,000,000円
平成13年度 第12回 37 19 12  7 ―  14,020,000円
平成14年度 第13回 45 19 16  3  ― 12,079,000円
平成15年度 第14回 44 20 14  6 ―  14,080,000円
平成16年度 第15回 39 24 21  3 17,520,000円
平成17年度 第16回 87 30 22  8 17,504,000円
平成18年度 第17回 95 39 30  9 25,380,000円
平成19年度 第18回 81 40 36  4 ―  28,920,000円
平成20年度 第19回 96 46 39  7 28,910,000円
平成21年度 第20回  6  5  0  5  2,050,000円
平成22年度 第21回 54 15 11  4 ―  5,830,000円
平成23年度 第22回 45 11 9 2 ―  5,096,000円
平成24年度 第23回 55 19 17 2 ―  5,140,000円
 平成25年度 第24回 70   26 22   4 8,740,000円 
平成26年度 第25回 57 49 19 7 23    11,032,000円
 
  このページの先頭へ  
講演会・シンポジウム
 

当財団では、在宅ケアや福祉機器等の開発に関する今日的テーマに沿って、国内外から専門の先生方を招き講演会やシンポジウムを実施しております。この活動は、財団主催並びに各関係団体との共催や後援として行い、これまでの主な助成事業は下記のとおりです。

 
講 演 主 題 開催年・場所 備 考
 ■高齢化社会の展望
   厚生省老人福祉課長 辻哲夫先生
 ■シニア・ケア・ネットワーク社にみる在宅支援システムの実際
   シニア・ケア・ネットワーク  副所長  モニカホワイト博士
平成2年
(東京都)
財団開設記念講演
 ■日本におけるケースマネジメントの現状
   大阪市立大学助教授 白澤政和先生
 ■シニア・ケア・ネットワークにおける在宅ケア支援
   システムの実際シニア・ケア・ネットワーク 副所長 モニカホワイト博士
平成2年
(大阪市)
同 上
 ■医療環境の現状と今後の動向
   厚生省薬務局生物製材課長 澤 宏紀先生
平成2年
(神奈川県)
 
 ■補助器具先進国の実践から  〜デンマークに学ぶ豊かな老後〜
   西シエラン県立補助器具センター  所長  アナホルム先生
平成3年
(大阪市)
 
 ■補助器具使って生き生きライフ
  〜寝たきりを作らないための補助器具活用法を探る〜
  西シエラン県立補助器具センター 所長 アナホルム先生
平成3年
(東京都)
 
 ■病院経営における内部管理の重要性について
   公認会計士 長 隆先生
平成3年
(神奈川県)
 
 ■ガンに対する予防知識及びガン医療の現状
   国立ガンセンター医長 北條慶一先生
平成4年
(神奈川県)
 
 ■レオン・ベルナール賞受賞記念講演
   (財)社会福祉法人藤楓協会理事長
   (財)フランスベッド財団会長 大谷藤郎先生
平成5年
(愛知県)
 
 ■今後の医療行政について
   厚生省大臣官房審議官 大田義武先生
平成5年
(神奈川県)
 
 ■これからの医療サービスの展開について
   厚生省老人保健福祉局長 安部正俊先生
平成6年
(神奈川県)
 
 ■24時間訪問看護システムへの取り組みと予測される問題点
   デンマークコペンハーゲン市社会保健局
   地域保健課長 ルネ・ホランダー先生
平成7年
(大阪市)
 
同 上 平成7年
(東京都)
 
 ■21世紀に向けての医療福祉のあり方
  〜安定した高齢社会を迎えて〜
  衆議院議員 三原朝彦先生
平成7年
(神奈川県)
 
 ■これからの高齢者施設の経営を考える
   〜医療保険制度改革下の病院の対応〜
 講演T 厚生省健康政策局医事課長 尾嵜新平先生
 講演U 日本大学医学部医療管理学 教授 大道 久先生
   ―シンポジスト―
  東京都 (医)健育会竹川病院 理事長 竹川節夫先生
  千葉県 (医)天宣会 理事長 西浦天宣先生
  愛知県 (医)愛生会上飯田第二病院 部長 斉藤嘉幸先生                             
平成8年
(東京都)
 ■制度改革と高齢者施設経営フォーラム
   〜療養型病床群・老人保健施設ケアミックスへの対応〜
平成8年
(東京都)
 
 ■病院における在宅看護の現状と今後の展望について
   日本赤十字武蔵野女子短期大学 教授 有馬千代子先生
平成8年
(神奈川県)
 
 ■公的介護保険の創設と、これからの課題
   基調講演・特別講演・シンポジウム
   厚生省老人保健福祉局 老人福祉振興課長 江口隆裕先生
   日本社会事業大学学長 京極高宣先生他
平成8年
(東京都)
後援: 厚生省
協賛: 東京海上火災
ベターライフサービス
フランスベッド・メディカルサービス
 ■医療構造改革下におけるこれからの高齢者施設の経営を考える
  〜療養型病床群への転換・老人保健施設の併設〜
   国立医療・病院管理研究所主任研究官 川渕孝一先生
   日本大学医学部医療管理学教授 大道 久先生他
平成9年
(大阪市)
 
 ■公的介護保険の進捗状況と今後の展望について
   日本社会事業大学学長 京極高宣先生
平成9年
(神奈川県)
 
 ■公的介護保険と在宅介護基調講演
   −シンポジウム−
   国際医療福祉大学学長,財団会長 大谷藤郎先生
   日本社会事業大学学長 京極高宣先生他
平成9年
(新潟市)
 
 ■これからの高齢者医療サービスの実践経営を検証する。
   ヘルスケア経営研究所 所長 萩原輝久先生
   医療法人渓人会理事長 加藤隆正先生他
平成10年
(東京都)
 
 ■転換期における医療政策の課題と特徴
   外務政務次官 武見敬三先生
平成10年
(神奈川県)
 
 ■ドイツにおけるヘルスケア全般について
   ドイツ医療機器ディーラー協会会長アヒム・シュトルツ先生
   国際医療福祉大学学長 大谷藤郎先生
平成10年
(東京都)
 
 ■介護保険制度における地域福祉及び医療の在り方
   医事評論家 NHK顧問 医学博士 行天良雄先生
平成11年
(神奈川県)
 
 ■介護保険制度施行とこれからの高齢者ケアの在り方
   厚生省大臣官房審議官 辻 哲夫先生
   (社)全国老人保健施設協会 副会長 漆原 彰先生
   社会福祉法人常盤会 理事長 丹下芳典先生
   (社)全国訪問看護事業協会 理事 宮崎和加子先生
   司会 国際医療福祉大学 学長 大谷藤郎先生
平成11年
12月11日
(東京都)
医療福祉環境フォーラム 1999 
 ■講演I 国際医療福祉大学学長 大谷藤郎先生
   講演II 大阪市立大学大学院教授 白澤政和先生
   講演III 東京都福祉機器総合センター 市川 洌先生
 ■パネルディスカッション
   コーディネィター 白澤政和先生
   コメンテーター 市川 洌先生他
   パネラー 4名
平成12年
9月21日
(大阪市)
財団設立10周年記念シンポジウム
 ■講演I 大正大学人間学部人間福祉学科
    教授 橋本泰子先生
 ■講演II 医療法人社団福寿会理事
    在宅総合ケアセンター所長 土肥徳秀先生
 ■パネルディスカッション
   コメンテーター 安達高之先生   司会 高村 勲先生他
   パネラー 3名
平成12年
11月16日
(東京都)
同 上
 ■講演I 大阪市立大学大学院教授 白澤政和先生
 ■講演II 日本大学理工学部専任講師 石田道孝先生
 ■パネルディスカッション
   コーディネィター 白澤政和先生他
   パネラー 3名
平成12年
11月18日
(仙台市)
同 上
 ■講演I 日本社会事業大学学長 京極高宣先生
 ■講演II 日本大学理工学部教授 野村 歡先生
 ■パネルディスカッション
   コーディネィター 京極高宣先生他
   パネラー 3名
平成12年
11月20日
(福岡市)
同 上
 ■講演I 大正大学人間学部人間福祉学科  教授 橋本泰子先生
 ■講演II 東京都立保健科学大学  教授 寺山久美子先生
 ■パネルディスカッション
   コーディネィター 寺山久美子先生他
   パネラー 3名
平成12年
12月11日
(名古屋市)
同 上
 「21世紀におけるこれからの医療福祉施説の経営戦略」
 ■講演I 医療法人社団天宣会理事長 西浦天宣先生
 ■講演II 立教大学コミュニティ福祉学部  教授 橋本正明先生
 ■講演III 元厚生省保健医療局管理課 監査指導室長 一力行雄先生 ■パネルディスカッション 3名
    司会 大谷藤郎先生
平成12年
12月15日
(東京都)
医療福祉環境フォーラム 2000
 ■21世紀に選ばれる医療・福祉施設となるために
   座長 大谷藤郎先生
 ■講演I 特別医療法人財団董仙会  理事長 神野正博先生
 ■講演II 社会福祉法人新生会  理事長 石原美智子先生
平成13年
12月7日
(東京都)
第6回医療・福祉環境フォーラム2001
 ■「変革期における看護管理者の役割と課題」
   青森県立保健大学 学長 新道幸惠先生
平成15年
11月15日
(東京都)
医療環境フォーラム 秋季研修会
 ■講演T「変革の時代における看護の挑戦」
    日本看護協会 会長 南 裕子先生
 ■講演U「国民主役の質の高い医療と福祉を推進するには」
    厚生労働省国立看護大学校 教授 森山幹夫先生
平成16年
12月4日
(東京都)
秋季研修会
 「車いすの安全性を考えるシンポジウム」
 ■基調講演
  「送迎中における車いすの安全性について」
  ― 車いすの交通事故例を通して ―
   岐阜県警察本部 科学捜査研究所
   刑事部管理監 福山邦男先生
 ■シンポジウム  
  「車いす乗車時の安全性を考える」 
  ― ハード・ソフトの両面から ―
   司会進行
    大阪市障害者福祉・スポーツ協会 主任研究員 米崎二朗氏
   シンポジスト
    *スウェーデン・インバケア社 インガー・アレンノース氏
    *潟Iーテックジャパン 商品企画・販促担当 島本圭子氏
    *神奈川県・総合リハビリテーションセンター 室長 藤井直人氏
    *NPO法人 在宅ケア協会 代表幹事 外山 誠氏
    *岐阜県警察本部 科学捜査研究所 刑事部管理監 福山邦男氏
平成17年
5月21日
(東京都)

5月22日
(大阪市)
春季研修会
 ■講演T「日本の看護の危機〜職能としていかに取り組むか」
   日本看護協会会長 久常節子先生
 ■講演U「根拠に基づいた医療(EMB)とその影響」
   聖路加国際病院院長・京都大学名誉教授 福井次矢先生
平成17年
12月10日
(東京都)
秋季研修会
 ■講演T「介護保険制度の見直しと報酬について」
   厚生労働省老健局老人保健課  三浦公嗣課長
 ■講演U「介護保険制度の動向とこれからの訪問看護」
   在宅看護研究センター代表  村松静子先生
平成18年
2月26日
(東京都)
講演会
 ■基調講演
  「日本の介護保険制度施行までの道程と行政の役割」
   阿部正俊
氏/全国国民健康保険組合協会会長(前参議院議員)
 ■講演1 「高齢者福祉施設の経営について」
   西浦天宣氏/医療法人天宣会理事長
 ■講演2 「日本での訪問看護の経緯と現状」
   村松静子氏/在宅看護研究センターLLP代表
 ■商品説明会 「福祉機器の取扱いについて」
   望月彬也氏/望月彬也リハデザイン代表取締役 
    ポータブル便器、シャワー椅子、歩行補助器、安全てすり、
    すべり防止用具、杖、車いす、ベッド、エアマットほか
平成19年
10月30日
(韓国・ソウル)
海外研修
 ■講演1 「診療報酬改定から1年を省みて」
        国際医療協力局長  麦谷眞里先生           
■公演2 「看護の質と配置について」
        日本看護協会会長 久常節子先生
 
 平成19年
3月10日
(東京都)
 春季研修会
 ■講演T『ターミナルケアについて看護の視点の再確認』
   ホスピスケア研究会  顧問  季羽倭文子先生
 ■講演U『ターミナルケアについて』
   長野県諏訪中央病院  名誉院長  鎌田 實先生
平成20年
3月22日
(東京都)
春季研修会
 ■講演T 「居宅介護支援における介護報酬の制度改正の動向」
   大阪市立大学大学院  教授  白澤 政和先生
 ■講演U「楽しさをあきらめない!
           認知症ケアとダイバージョナルセラピー」 
   日本ダイバージョナルセラピー協会  理事長  芹澤 隆子先生
 ■講演V 「脳科学の視点による認知症の理解」
   大阪市立大学大学院  講師  片岡 洋祐先生
平成20年
12月20日
(大阪市)
秋季研修会
―認知症への理解とケアマネジメント―
■講演T「認知症の医学的見地からの理解」   
  日本社会事業大学大学院  教授 今井 幸充先生
■講演U「認知症ケアマネジメント」
  大阪市立大学大学院教授  白澤 政和先生
■講演V「楽しさをあきらめない!
           認知症ケアとダイバージョナルセラピー」
  日本ダイバージョナルセラピー協会理事長  芹澤 隆子先生
平成21年
12月3日
(福岡県)
秋季研修会
―在宅ケアの向上を目差して―
■研究・事業助成に伴う、事例発表
  ライフケアシステム 代表 佐藤智氏
■特別講演会「在宅ケア・在宅での看取り」 
  株式会社ケアーズ 白十字訪問看護ステーション 
  統括所長 秋山正子先生
■DVD上映 創作劇「空白のカルテ」
  甚目寺町人権教育調査研究委員会
  愛知県人権ファンクション委員会  劇団名古屋
平成22年
6月5日
(東京都)
財団設立20周年特別記念事業
■「テーマ」
  1.「認知症ケアと地域連携」
    群馬大学医学部保健学科 教授    山口 晴保 先生
  2.「もっと楽しく!もっと自分らしく ダイバージョナルセラピー」
    日本ダイバージョナルセラピー協会理事長 芹澤 隆子 先生 
平成22年
11月13日
(仙台市)
秋季研修会
■「基調講演」テーマ「公衆衛生の歴史」
  財団法人フランスベッド・メディカルホームケア研究・助成財団
  会長  多田羅 浩三
「講演」
■第一部:テーマ「生活を支援する介護の現状と期待
  東京大学大学院 特任教授 秋山 弘子 先生
■第二部:テーマ「在宅におけるターミナルケア」
  あすか山訪問看護ステーション 総括所長 平原 優美 先生
■第三部:テーマ「もっと楽しく!もっと自分らしく!
                    ダイバージョナルセラピー」
  日本ダイバージョナルセラピー協会 理事長 芹澤 隆子 先生
平成23年
10月8日
(札幌市)
秋季研修会〔講演会〕
 『地域の絆を育むホームケアを目指して』
21世紀の社会保障・医療・看護・介護の展望
■平成23年度研究助成の発表
 (震災時の介護利用者の実態と支援のあり方)
 研究テーマ「震災時の介護利用者の実態と支援のあり方」
  東京有明医療大学  准教授 千葉喜久也氏 
■基調講演 「21世紀の社会保障」
         〜社会保障・税の一体改革と地域包括ケア〜
  厚生労働省年金局年金課長(前 老健局介護保険計画課長) 
  課長 度山 徹氏
■シンポジウム「地域の絆を育むホームケアを目指して」
 【座長】公益財団法人フランスベッド・メディカルホームケア研究・助成財団
      代表理事 会長 多田羅浩三
 【パネリスト】
  立川市南部西ふじみ地域包括支援センター 
  センター長  山本繁樹氏
  株式会社日本在宅ケア教育研究所  代表取締役 内田恵美子氏
  公益社団法人日本看護協会(会長 坂本すが氏代理)
  政策企画部長 太田真里子氏
  医療法人社団つくし会  理事長 新田國夫氏
 平成24年
10月27日
(東京都)
秋季研修会〔講演会〕 
『身近な地域コミュニティの実現』〜医療・看護・介護の連携〜
■基調講演 「地域包括ケアの今後の取組み」
   厚生労働省年金局年金課(前 老健局介護保険計画課長)
   課長  度山 徹 氏
■講演会 「在宅ケアのつながる力」
   株式会社ケアーズ  白十字訪問看護ステーション
   代表  秋山正子 氏
■シンポジウム 「地域包括ケアの展望」
   【座長】公益財団法人フランスベッド・メディカルホームケア研究・助成財団
         代表理事 会長 多田羅浩三
   【パネリスト】
    大阪市福祉局 高齢者施策部介護予防事業
     担当課長 岡本喜一郎 氏
    大阪市鶴見区社会福祉協議会
     包括支援担当主査 平山昭子 氏
    公益財団法人田附興風会 北野病院 地域医療コーディネーター
     看護師 杉内陽子 氏
    潟Pアーズ 白十字訪問看護ステーション
     代表 秋山正子 氏
■落語会(笑える人権講演)
   日本で唯一の先天盲(全盲)落語家 笑福亭伯鶴  氏
平成25年
11月16日
(大阪市) 
秋季研修会〔講演会〕 
『日本における介護人材育成の歩みと地域での役割と今後の展望』

■基調講演「日本における社会福祉専門職の歩み
              〜介護支援専門員の養成と役割〜」
   桜美林大学大学院 教授 白澤政和 氏 

■シンポジウム「日本における地域ケアを担う介護人材の役割」
   【座長】日本公衆衛生協会会長 大阪大学名誉教授 多田羅浩三
       日中健康福祉協力研究所 所長 趙 林
   【パネリスト】
  日本介護予防協会 理事 式 恵美子 氏
     「介護福祉士の養成と役割 
  関西大学 人間健康学部 教授 黒田 研二 氏
     「地域精神保健における専門職の役割」
  潟Pアーズ 代表 秋山 正子 氏
     「医療と福祉の連携における専門職の役割」
  公益財団法人テクノエイド協会 部長 寺光 鉄雄 氏
     「福祉用具の活用と専門職の役割」
 平成26年
5月27日
(中国・上海)
高齢者介護サービス人材フォーラム 
 『地域医療の課題と対策』
〜今、医療・看護者に求められる認知症の理解とケア〜
「認知症支援のカギは、あなたです!!」
【座長】公益財団法人フランスベッド・メディカルホームケア研究・助成財団
     代表理事 会長 多田羅浩三
■基調講演
「地域包括ケアシステム構築の鍵を握る医療・介護連携の推進、
 訪問看護への期待」
    厚生労働省 老健局老人保健課長 迫井正深 氏
■講演会第一部「増加する認知症患者を病院でいかに迎えるか
            〜認知症の正しい理解」
    公益社団法人北海道勤労者医療協会
    勤医協中央病院 名誉院長 伊古田俊夫 氏
■講演会第二部「認知症の患者・家族にどのように関わるか」
        〜訪問看護師の立場から病院看護師に求めるもの〜
    白十字訪問看護ステーション代表 秋山正子 氏
 平成26年
6月7日
(札幌市)
 2014年認知症セミナー
 
  このページの先頭へ  
学会・研究会
 

当財団では、介護福祉関連において人材面、経済面、情報面等に対する環境が未だ整備されていない状況にあることから、在宅ケアの推進や福祉機器に関する学会・研究会や調査・研究などを幅広く支援しており、これまでの主な助成事業は下記のとおりです。

 

内 容 開催年・場所 備 考
オランダ在宅医療システムの調査及び国際医療病院機器、
備品展、視察
平成2年
(オランダ・ドイツ)
 
オランダ・ドイツにおける福祉機器レンタル給付、視察 平成4年
(オランダ・ドイツ)
 
排泄介護支援のための事例ベースの構築に関する研究(調査研究) 平成6年 事例ベース 研究プロゼクト
日本社会事業大学  坂野達郎先生
第2回国際看護学術集会 平成7年 兵庫県立看護大学学長
学会長  南 裕子先生
第3回日本在宅ケア学会 平成11年
東京
東京医科歯科大学教授
学会長 丸茂文昭先生
米国視察研修
シニア・ケア・ネットワークにおける
ケース・マネージメント方法の研修
平成11年
(ロサンゼルス・
   サンフランシスコ)
 
各団体のニーズ分析手法による問題領域の比較的検討(調査研究) 平成11年 厚生省看護研修研究センター
所長  丸山美知子先生
大正大学文学部社会福祉
学科教授 橋本泰子先生
第4回日本在宅ケア学会 平成12年
(東京)
東京都立保健科学大学
保健科学部
学会長 寺山久美子先生
ケアマネジャー研修会 平成13年10月〜
平成14年3月
山形・埼玉・長野・東京・
神奈川・静岡・豊橋・
三重・大阪(3ヶ所)・広島・
高知・長崎・北九州・熊本16会場
ケアマネジャー研修会 平成14年4月〜
平成15年3月
全国26会場
ケアマネジャー研修会 平成15年4月〜
平成16年3月
全国26会場
ケアマネジャー研修会 平成16年4月〜
平成17年3月
全国11会場
ケアマネジャー研修会 平成17年4月〜
平成18年3月
全国6会場
ケアマネジャー研修会 平成19年3月14日
(愛媛)
1会場
ケアマネジャー研修会 平成19年4月〜
平成20年3月
ケアマネジメント「ケアプラン」作成ワークショップ 平成20年11月19日
(韓国・ソウル)
1会場
ケアマネジャー研修会 平成21年4月〜
平成22年3月
全国32会場
ケアマネジャー研修会 平成22年4月〜
平成23年3月
全国32会場
ケアマネジャー研修会 平成23年4月〜
平成24年3月
全国24会場
ケアマネジャー研修会 平成24年4月〜
平成25年3月 
全国33会場
 
  このページの先頭へ  
研修委託
 

 

福祉用具供給事業従事者研修会/福祉用具専門相談員指定講習会
本研修は、利用者本位のシルバーサービスを開発・提供することを通して、高齢者のより豊かで充実した生活の実現を図り、活力ある高齢社会の形成に寄与するシルバーサービス関連事業者の会員組織(社)シルバーサービス振興会の委託を受け、福祉機器や介護用品等の事業従事者を対象に下記のとおり研修を実施してきました。
開催期日及び場所 備 考
平成2年11月26日〜12月1日(東京都) シルバーマーク制度の導入に 伴い
社団法人シルバーサービス振興会より委託
平成3年9月2日〜9月7日(大阪府)  
平成4年9月28日〜10月3日(大阪府)  
平成5年3月2日〜4日(石川県)  
平成5年7月12日〜14日(岡山県)  
平成5年11月15日〜20日(大分県)  
平成6年3月22日〜27日(東京都)  
平成6年7月18日〜22日(東京都)  
平成6年10月24日〜29日(東京都)  
平成7年3月27日〜31日(東京都)  
平成8年6月24日〜28日(東京都)  
  H11.7.1
社団法人シルバーサービス振興会
指定研修機関として認定
平成13年9月24日〜29日(神奈川県) H13.6.26
福祉用具専門相談員指定講習会として指定
厚生労働省大臣指定
社団法人)シルバーサービス振興会共催
平成14年6月3日〜8日(神奈川県)  協力/社団法人日本福祉用具供給協会
平成15年4月14日〜19日(神奈川県) 協力/社団法人日本福祉用具供給協会
平成16年4月12日〜17日(神奈川県) 協力/社団法人日本福祉用具供給協会
平成17年4月11日〜16日(神奈川県)
平成17年11月7日〜12日(東京都)
協力/社団法人日本福祉用具供給協会
平成18年6月19日〜24日
平成18年8月21日〜26日
平成18年11月13日〜18日
(東京都)
協力/社団法人日本福祉用具供給協会
平成19年11月12日〜17日(東京都)
協力/社団法人日本福祉用具供給協会
平成20年6月9日〜6月14日(東京都)
平成20年11月18日〜11月23日(東京都)
協力/社団法人日本福祉用具供給協会
平成21年6月8日〜6月13日(東京都)
平成21年9月2日〜9月7日(神奈川県)
協力/社団法人日本福祉用具供給協会
平成22年2月15日〜2月20日(神奈川県)
平成22年5月24日〜5月29日(神奈川県)
平成22年6月14日〜6月19日(神奈川県)
平成22年7月12日〜7月17日(神奈川県)
協力/社団法人シルバーサービス振興会
平成23年6月6日〜11日(東京都)
平成23年11月14日〜19日(東京都)
協力/社団法人シルバーサービス振興会
平成24年6月4日〜9日(東京都)
平成24年11月10日〜15日(東京都)
平成25年1月11日・17日・31日・2月1日・7日・9日・14日
(東京都)
協力/一般社団法人シルバーサービス振興会
平成25年5月20日〜5月25日(東京都)
平成25年6月21日・28日・7月5日・6日・12日・13日
(東京都)
平成25年11月19日〜21日・26日〜28日(東京都)
協力/一般社団法人シルバーサービス振興会 
平成26年6月20日・27日・7月4日・5日・11日・12日
 (東京都)
協力/一般社団法人シルバーサービス振興会  

福祉用具プランナー研修
本研修は、介護の現場において適正な福祉用具の利用が促進されるよう、福祉用具の取り扱いに関する知識や個々の福祉用具の利用方法などの専門知識を有する人材の育成を図るとともに、福祉用具に携わる様々な職種の者に、福祉用具の適正な取り扱いについて共通認識を育て、その共通認識を基盤として福祉用具の適切な利用と供給の実現に資することを目的として、財団法人テクノエイド協会の承諾の基に実施しています。
開催期日及び場所 備 考
平成19年6月1日〜8月2日(神奈川県) 共催/財団法人テクノエイド協会
平成20年6月13日〜8月22日(東京都)
平成20年12月18日〜平成21年2月20日(大阪府)
共催/財団法人テクノエイド協会
平成21年6月20日〜8月22日(東京都)
平成21年12月25日〜平成22年2月27日(大阪府)
共催/財団法人テクノエイド協会
平成22年6月5日〜8月7日(東京都)
平成22年12月24日〜平成23年2月26日(大阪府)
共催/財団法人テクノエイド協会
平成23年7月1日〜9月31日(東京都)
平成23年11月18日〜平成24年 1月21日(大阪府)
共催/公益財団法人テクノエイド協会
平成24年6月22日〜8月25日(東京都)
平成24年11月24日〜平成25年 1月26日(大阪府)
共催/公益財団法人テクノエイド協会
平成25年7月1日〜9月7日(東京都)
平成25年8月24日〜30日(東京都) 
平成25年11月16日〜平成26年1月18日(大阪府)
共催/公益財団法人テクノエイド協会
平成26年7月11日〜9月13日(東京都)  共催/公益財団法人テクノエイド協会 
 
  このページの先頭へ  
国・地方公共団体
 

スポーツや文化・芸術活動などの健康づくりや生きがいづくりに関する催しを通じて、高齢者を中心とする国民の健康増進や社会参加、世代間交流の促進、活力ある長寿社会の実現等に寄与するため、当財団では国及び地方公共団体に対して、下記のような事業助成を実施しております。

 

(1)ねんりんピック
開会式バレーボール
全国健康福祉祭 開催年・場所
第3回びわこ大会 〜いのち輝く 長寿社会〜 1990年
滋賀県
第4回いわて大会 〜ささえる長寿 あなたが主役〜 1991年
岩手県
第5回やまなし大会 〜健やかに 伸びやかに 晴れやかに〜 1992年
山梨県
第6回京都大会 〜健康 ふれあい いきいき長寿〜 1993年
京都府
第7回かがわ大会 〜健康発 長寿行 オリーブ色の風に乗り〜 1994年
香川県
第8回島根大会 〜ひろげよう 神話の里から 長寿の輪〜 1995年
島根県
第9回みやざき大会 〜太陽の国 ひらく長寿の 夢ページ〜 1996年
宮崎県
第10回山形大会 〜すてきに輝け ねんりん青春〜 1997年
山形県
第11回愛知・名古屋大会 〜年の輪 人の輪 元気の輪〜 1998年
愛知県

第12回ふくい大会 〜ねんりんの パワーを生かす 新時代〜

1999年
福井県
第13回大阪大会 〜なにわから 未来にかける 長寿の橋〜 2000年
大阪府
第14回広島大会 〜あなたの笑顔にあいたいけん〜 2001年
広島県
第15回ふくしま大会 〜ほんとうの空に輝け ねんりんの輪〜 2002年
福島県
第16回徳島大会 〜ねんりん 渦よ 輪になれ 踊り出せ〜 2003年
徳島県
第17回群馬大会 〜群馬発の応援歌〜 2004年
群馬県
第18回ふくおか大会 〜長寿の話 ひろげて人の輪 アジアの和〜 2005年
福岡県
第19回しずおか大会 〜奏でよう ふじのくにから 健康賛歌〜
2006年
静岡県
第20回 いばらき大会 〜さわやかな 長寿の風を 茨城に〜
2007年
茨城県
第21回 かごしま大会「かごしまで 元気・ふれ合い・ゆめ噴火」
2008年
鹿児島県
(2)その他
  開催年・場所 備 考
びわ湖ハート駅伝フェスティバル 平成5年
滋賀県
滋賀県主催  協賛
老人クラブ創立30周年記念大会 平成5年
静岡県
静岡県主催  協賛
おまつりひろば芸術祭 平成5年
東京都
国連・障害者10周年 最終記念
こどもの難病シンポジウム 平成15年
東京都
特定非営利活動法人難病のこども支援
全国ネットワーク主催  協賛
第1回日本高齢者虐待防止学会東京大会 平成16年
東京都
日本高齢者虐待防止学会主催  協賛
ボーダレス・アート展
私あるいは私―静かなる燃焼系―
平成16年
滋賀県
社会福祉法人滋賀県社会福祉事業団主催  協賛
第2回日本神経疾患医療福祉従事者学会 平成16年
東京都
財団法人難病医学研究財団主催  寄付
IPC障害者アルペンスキーワールドカップ2006
志賀高原大会
平成18年
長野県
特定非営利活動法人 日本障害者スキー連盟(SAJD)
協賛
日豪ダイバージョナルセラピーシンポジウム 平成18年度
東京都
日本ダイバージョナルセラピー協会 協賛
第17回ALS/MND(筋萎縮性側索硬化症)
国際シンポジウム
平成18年度
東京都
日本ALS協会 協賛
第30回 こどもの難病シンポジウム 平成20年度
東京都
特定非営利活動法人難病のこども支援
全国ネットワーク主催  協賛
第31回 こどもの難病シンポジウム 平成21年度
東京都
特定非営利活動法人難病のこども支援
全国ネットワーク主催  協賛
第32回 こどもの難病シンポジウム 平成22年度
東京都
特定非営利活動法人難病のこども支援
全国ネットワーク主催  協賛
第2回 健康生きがい学会開催 平成23年度
東京都
健康生きがい学会 支援助成
第33回 こどもの難病シンポジウム 平成23年度
東京都
特定非営利活動法人難病のこども支援
全国ネットワーク主催  支援助成
健康生きがい学会第3回大会 平成24年度
長崎県 
健康生きがい学会 支援助成 共催:長崎国際大学
 第34回 こどもの難病シンポジウム  平成24年度
東京都
 認定NPO法人難病のこども支援
全国ネットワーク主催  支援助成
 健康生きがい学会第4回大会   平成25年度
東京都
 健康生きがい学会 支援助成 共催:山野美容専門学校
 第35回 こどもの難病シンポジウム  平成25年度
東京都 
認定NPO法人難病のこども支援
全国ネットワーク主催  支援助成
 
  このページの先頭へ  
出版・機関誌発行
 
当財団では、医療・福祉に関する出版の助成と季刊誌の発行事業を行っております。季刊誌「ふれあいの輪」は、在宅ケアの質を向上する内容のほか、シルバーサービス関連の従事者に役立つ情報を提供し、より豊かな高齢社会の実現をめざす輪を広げようと努めております。
(1)福祉対策編
著 書 名 内容及び発行時期
ホームケア百科(別冊) 一都三県(東京都、千葉県、埼玉県、神奈川県)各市町村のサービスを
一覧にした情報百科     平成3年4月1日発行
新ケース・マネージメントの考え方と実際
−「シニア・ケア・ネットワーク」の実践から−
平成13年3月23日発行
福祉用具・住宅改修の基礎知識
−期待される介護支援専門員育成ガイドライン−
平成13年11月30日発行
かがやき −かけがえのない笑顔を求めて− 平成15年発行
(2)大谷藤郎著作集
著 書 名 内容及び発行時期
第一巻 社会医学・公衆衛生・統計論編    平成7年4月1日発行
第二巻 プライマリ・ヘルスケア編    平成9年3月25日発行
第三巻(上) 精神保健福祉編 上巻    平成12年4月1日発行
(3)季刊誌(広報)
ふれあいの輪
著 書 名 内容及び発行時期
「ふれあいの輪」月刊誌発行 平成2年6月号より
表紙リニューアル
発行回数変更
平成5年1月号より
平成5年7月号より(年8回)
隔月発行に変更 平成6年1月号より(年6回)
季刊誌に変更・表紙リニューアル 平成10年10月号より(年4回)
表紙・本編リニューアル 平成16年6月号より(年4回)
表紙・本編リニューアル 平成21年3月号より(年4回)
 
  このページの先頭へ  
| トップページ | 財団概要 | 助成事業 | 助成案内 | 研修・講習会情報 | 季刊誌 | 個人情報保護方針 | リンク | サイトマップ | お問い合わせ |
© 2004 FRANCEBED MEDICAL HOME CARE RESERCH SUBSIDY FOUNDATION All Right reserved.