ふれあいの輪

ふれあいの輪

当財団では、季刊誌「ふれあいの輪」を年4回発行しております。在宅ケアの質を向上する内容のほか、シルバーサービス関連の従事者に役立つ情報を提供し、新しいホームケアをめざす人たちの輪を広げるコミュニケーション誌として、より豊かな高齢社会が実現するよう努めてまいります。

定期購読申込み最新号のご案内バックナンバーのご案内
定期購読申込み


定期購読を希望される方は、右記必要事項を記入した申込書を同封の上、購読料として2000円【1号につき500円(送料含む)×年4回発行分】を定額小為替又は現金書留にてお送りください。到着時の最新号からお送り致します。まとめてご購入になりたい方は別途ご相談ください。


申込み書 必要記入事項

  • 氏名(よみがな)
  • 団体名(個人の場合は不要)
  • 郵便番号
  • 住所

 


申込書送付先

〒163-1102
東京都新宿区西新宿6-22-1
新宿スクエアタワー2F
TEL(03)6741-5550

公益財団法人フランスベッド・メディカルホームケア研究・助成財団
「ふれあいの輪」定期購読係

このページの先頭へ
最新号のご紹介
 









189号(2018年夏号)の内容

日日 - HiBi -  Day-to-Day  
受け継ぐ、眼差し ――。
   書家 石崎甘雨

■トップインタビュー
公正中立なケアプランは、ケアマネジャーの専門性を活かせる環境づくりから生まれる
  桜美林大学大学院老年学研究科 教授
  日本ケアマネジメント学会 理事長
  白澤政和氏

■支えるのは誰?
若手職員に役割と権限を持たせる、そこに介護人材不足の突破口がある
  社会福祉法人光誠会 理事長 古口誠二氏

■介護旅行で人生が変わる、生まれ変わる!
『地域包括ケア病棟』の現状を語る
  あ・える倶楽部 代表取締役 篠塚恭一氏

■新しいケアへの取り組み
高齢者の「楽しい」がここに!
自己選択・自己決定のデイサービス
  たんぽぽ介護センター 生活相談員/サービス推進課
  横井夕子氏

■トピックス1  福祉用具の活用事例
自動寝返り支援ベッドが病院・施設だけでなく在宅でも利用可能に
  フランスベッド株式会社
  メディカル東京営業部 メディカル南多摩営業所
   福祉用具専門相談員 宮ア太一
  メディカル東関東営業部 メディカル千葉営業所
   主任 木佑絵

■トピックス2
フランスベッドグループが中国南通市で、初の「福祉用具専門相談員育成セミナー」を開催

■トピックス3
(公財)フランスベッド財団 平成30年度
助成事業の採用案件決定!



      
 
     このページの先頭へ  
       









188号(2018年春号)の内容

日日 - HiBi -  Day-to-Day  
原風景は心に ――。
   書家 石崎甘雨

■特集1
「地域医療構想と地域包括ケア」
医療機能の分化・連携と、地域包括ケア提供体制の構築が一体的に進む
 厚生労働省 大臣官房審議官 伊原和人 氏

■特集2
「介護保険法改正のポイント」
地域包括ケアシステムの深化・推進と制度の持続性確保に向けた取り組み
 厚生労働省 老健局 老人保健課
 課長 鈴木健彦 氏

■「治す」から「治し支える」医療へ
『地域包括ケア病棟』の現状を語る
 地域包括ケア病棟協会 会長
 ほうじゅグループ代表
 仲井培雄 氏

■支えるのは誰?
EPAにより外国人介護職員を積極雇用
充実した教育・待遇で主戦力に育成
 特別養護老人ホームきやま
 施設長 坂井恭一 氏

 看護職員(介護福祉士・准看護士)
 イアン・ルディアナ 氏

 介護職員(介護福祉士)
 ルーシー・アメリヤ 氏

■研究・事業助成 採用事例
医療・介護の情報を地域住民へ届けたい
「くらしのパスポート」
「オレンジほっとラウンジ」
 オレンジほっとクリニック ソーシャルワーカー
 小山 宰 氏

■トピックス  財団主催の研修会を開催
『2017年医療・介護従事者フォーラム』

【講演 第1部】
一般社団法人全国在宅療養支援診療所連絡会 会長
新田 國夫 氏
◆テーマ 「地域包括ケア2035年までなすべきこと」

【講演 第2部】
東京大学医学部在宅医療学拠点 特任研究員    
松本 佳子 氏
◆テーマ 「多職種連携で在宅医療・介護の推進」

【シンポジウム】地域社会での暮らしと病の支援
座長:大阪大学大学院医学系研究科 教授
福井小紀子 氏

シンポジスト:
数尾診療所 院長  数尾 展 氏

刀根山訪問看護ステーション 訪問看護認定看護師
村田 直子 氏

ケアプランセンターほほえみ 介護支援専門員
田中千賀子 氏

大阪府豊中市役所保健福祉部 高齢者支援課担当者

財団/年間行事予定

    
 
         このページの先頭へ  
           



187号(2017年冬号)の内容


日日 - HiBi -  Day-to-Day
時を超える静謐 ――。
   書家 石崎甘雨

■トップインタビュー
あらゆる場で看護の提供が求められる時代
看護実践能力を磨き、地域包括ケアを支えたい
  日本看護協会 会長 福井トシ子氏

地域共生社会実現のための基本コンセプト
 『我が事・丸ごと』とはどういうことか
  桜美林大学大学院老年学研究科 教授 白澤政和氏

■新しいケアへの取組み
重度の人も、最期まで安心して暮らせる「サ高住」を目指す
  東京建物シニアライフサポート株式会社
  グループリーダー 小川恵理子氏
  支配人 中川美紀氏

■福祉用具の導入事例
見守りケアシステムM-1
体勢や動きの変化を察知して通知 転落や転倒のリスクが激減
  特別養護老人ホーム 碇ホーム
  (社会福祉法人友愛十字会)

■ズームアップひと
認知症当事者の社団法人を立上げ認知症問題に取り組む
  一般社団法人日本認知症本人ワーキンググループ
  代表理事 藤田和子氏

介護用ロボットの普及促進にむけてロボットの活用現場を公開
  公益社団法人かながわ福祉サービス振興会
  医療法人社団成仁会 長田病院(横浜市)

■トピックス
 福祉用具の活用事例
Rehatech
「介助用標準型電動車いす SP40-K」
  フランスベッド株式会社メディカル東京営業部
  メディカル西東京営業所 所長 成井幸一郎

このページの先頭へ









186号(2017年秋号)の内容

日日 - HiBi -  Day-to-Day  
文字の中の、心―。
     書家 石崎甘雨

■トップインタビュー
都市型介護予防モデルの開発をテーマに、「松戸プロジェクト」が始まった
 千葉大学 予防医学センター 社会予防医学研究部門
 大学院 医学研究院 社会予防医学
   教授 近藤克則氏

 松戸市介護制度改革課  課長 中沢 豊氏

■新しいケアへの取組み
1.「病院は患者を家に帰すことが仕事」医療の常識を変えて質の高い在宅ホスピスを広げていく
 にのさかクリニック  院長 二ノ坂保喜氏

2.入居者、地域住民、家族、スタッフがホームホスピスの中で「疑似地域」づくり
 NPO法人たんがく  理事長 樋口千恵子氏

■フランスベッド財団研究・事業
 助成採用事例

急増する高齢者の救急搬送に「救急医療情報シート」で対応
 八王子市高齢者救急医療体制広域連絡会
  会長 田中裕之氏

■支えるのは誰?
ハーローワークなどの地域資源と連携しながら介護・福祉人材の確保・育成・定着を図る
 世田谷区福祉人材育成・研修センター
 (社会福祉法人 世田谷区社会福祉事業団)

■ご存知ですか?平成29年度
 両立支援等助成金


■福祉用具の活用事例
利用者の立ち座りをサポートする
電動昇降座いす「座いす型リフトアップチェア800」


このページの先頭へ

その他のバックナンバーもございますのでお気軽にお訪ね下さい。

| トップページ | 財団概要 | 助成事業 | 助成案内 | 研修・講習会情報 | 季刊誌 |個人情報保護方針 | リンク | サイトマップ | お問い合わせ |
© 2004 FRANCEBED MEDICAL HOME CARE RESERCH SUBSIDY FOUNDATION All Right reserved.