FRANCE BED MEDICAL HOME CARE RESEARCH SUBSIDY PUBLIC INTEREST INCORPORATED FOUNDATIONS
トピックス 研修・講習会情報 助成案内
 
■秋季研修会のご案内

『平成30年度 トップマネジメントセミナー』
※この講演会は終了いたしました。
  多数のご来場を頂き、誠に有り難う
  ございました。


日時:平成30年11月17日(土)
    13:30~16:40
    《参加費無料》



  (チラシの画像をクリックしていただくと
         PDFをダウンロードできます)

※会場受付・商品展示コーナー 12:30~
※講演会終了後名刺交換会並びに軽食の
  ご用意をしています。

会場:ベルサール九段 3F
    (住友不動産九段ビル)
    
東京都千代田区九段北1-8-10
定員:200名
    
(定員になり次第締め切りと致します)

◆講演第1部(テーマ) 13:40~15:10
 「医師の働き方改革と これからの医療
  経営を考える」
◆講師:前厚生労働省 医政局長
     武田 俊彦 氏

◆講演第2部(テーマ) 15:30~16:30
 「介護施設での機器導入による経営効
  率化と人材育成戦略」

◆講師:医療法人社団悠愛会
     理事(医師)  大島 真悟 氏

  (※第2部の講師は大島啓悟先生から
       大島真悟先生に変わりました。)

交通のご案内
●「九段下」駅「5番出口」徒歩5分(半蔵門線・新宿線)
●「九段下」駅「7番出口」徒歩3分(東西線)
●「神保町」駅「A2出口」徒歩6分(半蔵門線・新宿線・三田線)
●「飯田橋」駅「A5出口」徒歩7分(JR線・有楽町線・南北線・東西線・大江戸線)
●「水道橋」駅「西口」徒歩8分(JR線・三田線) ※駐車場はございません。交通機関をご利用下さい。

主催:公益財団法人フランスベッド・メディカル
    ホームケア研究・助成財団
協賛:フランスベッド株式会社 法人事業本部
    NTTファイナンス株式会社
後援:一般社団法人医療介護福祉政策研
    究フォーラム
TEL(03)6741-5550 FAX(03)6741-5551
E-mail. info@fbm-zaidan.or.jp





※この講演会は終了いたしました。
  多数のご来場を頂き、誠に有り難う
  ございました。



2018年10月6日(土)

2018年医療・介護従事者フォーラムin茨城
『診療・介護報酬同時改定から見る地域包括ケアシステム構築に向けて』

『講演 第1部』   
一般社団法人全国在宅療養支援診療所連絡会 会長 新田 國夫 氏
◆テーマ
「地域包括ケア2035年までになすべきこと」

『講演 第2部』
厚生労働省 老健局 老人保健課 介護保険データ分析室長 木内 哲平 氏  
◆テーマ
「多職種連携で在宅医療・介護の推進」

『実践事例報告』
医療法人社団 悠愛会(山形県) 
常務理事 大島 啓悟 氏
◆テーマ
「最新機器導入事例を基に 経営の効率化と人材確保について」

日時:2018年10月6日(土) 
    13:00~16:30
会場:牛久市役所本庁舎4F
    第3会議室
     (茨城県牛久市中央3丁目15-1)
定員:150名(参加費無料)
主催 :
公益財団法人フランスベッド・メディカルホームケア研究・助成財団

後援 :
牛久市/公益社団法人茨城県看護協会/特定非営利活動法人茨城県ケアマネジャー協会/一般社団法人竜ケ崎市・牛久市医師会/一般社団法人茨城県老人福祉施設協議会/一般社団法人茨城県介護老人保健施設協会/一般社団法人日本災害医療ロジステック協会/社会医療法人若竹会 つくばセントラル病院

協賛 :
フランスベッド株式会社/株式会社ノルメカエイシア



※この講演会は終了いたしました。
  多数のご来場を頂き、誠に有り難う
  ございました。


2018年10月13日(土)

2018年医療・看護・介護従事者フォーラムin仙台
『これからの医療・介護連携を考える』
~医療・介護報酬改定から見る多職種連携の在り方~


『講演 第1部』
一般社団法人
全国在宅療養支援診療所連絡会
会長  新田 國夫 氏
◆テーマ
「地域包括ケア2035年までになすべきこと」


『講演 第2部』
前 厚生労働省 医政局
局長  武田 俊彦 氏
◆テーマ
「地域医療構想から見る在宅医療・介護の視点」
 
『シンポジウム』
地域の課題に応える多職種連携で住みよい町づくり
座長:宮城県医療ソーシャルワーカー協会
    副会長 八重樫 祐子 氏
シンポジスト:
・ 医療法人社団爽秋会岡部医院
   院長 佐藤 隆裕 氏
・ 総合南東北病院 医療福祉相談室
   主任 菊地 知憲 氏
・ 宮城県ケアマネジャー協会
   事務局長 小湊 純一 氏
・ 仙台北訪問看護ステーション
   所長 中島 ふみ 氏 

日時:2018年10月13日(土) 
    10:30~16:30
会場:ガーデンシティ仙台13F
  (宮城県仙台市青葉区中央1-3-1)
定員:200名(参加費無料)

後援:
公益財団法人日本訪問看護財団/特定非営利活動法人宮城県ケアマネジャー協会/宮城県看護連盟/公益社団法人宮城県看護協会/一般財団法人日本公衆衛生協会/宮城県ソーシャルワーカー協会/宮城県訪問看護ステーション連絡協議会/一般社団法人宮城県介護福祉士会/宮城県社会福祉士会/宮城県リハビリテーション専門職協会/宮城県地域包括・在宅介護支援センター協議会

協賛:フランスベッド株式会社
 


福祉用具専門相談員指定講習会
          (50時間研修)
―定員に達しましたので、
  お申込受付を終了いたしました―


◎平成30年度 第1回
 「福祉用具専門相談員指定講習会」

期間/H31年 
    3/ 9 (土)・10(日)・11(月)
    3/14(木)・15(金)・16(土)
        《合計6日間》

会場/「新宿スクエアタワー 会議室」 住所:東京都新宿区西新宿6-22-1
    新宿スクエアタワーB1F

募集人員/30名
(先着順・定員になり次第締切り)

受講料/40,000円(税込)
《受講料・テキスト代・登録料等を含む》









福祉用具プランナー研修

 ◆
eラーニング48時間)
 ◆集合研修(52.5時間)
       【総合100.5時間


※お申込み受付を
      開始しました。

2019年度 第1回(仙台)

【期間】
〔1〕eラーニング期間
  5月21日(火)~7月8日(月)
〔2〕集合研修期間
  前期:6月13日(木)~15日(土)
  後期:7月11日(木)~14日(日)

【場所】
フランスベッド仙台ショールーム
(宮城県仙台市宮城野区
      岩切分台2-12-12)

【募集人員】
40名(先着順の為、定員になり次第締め切らせていただきます。)








2019年度 第2回 広島開講
℮ラーニング8月~
集合研修9月中旬・10月中旬予定
*詳細が決定次第、掲載いたします。

2019年度 第3回 東京開講
℮ラーニング11月~
集合研修12月中旬・1月中旬予定
*詳細が決定次第、掲載いたします。






2019年度(第1回)
リフトリーダー養成研修


※お申込み受付を
      開始しました。


【期間】
7月19日(金)~7月20日(土)

【募集人員】30名
(先着順の為、定員になり次第締め切らせていただきます。)

【会場】
「札幌市産業振興センター セミナールームA」
札幌市白石区東札幌5条1丁目1-1








 Twitterでも研修情報等を
    配信しています。
    どうぞご活用下さい。


  

   ↑
   (こちらをクリック)






■平成23年10月25日、内閣
  総理大臣より公益財団法人
  として下記のとおり認定され
  ました。

1.法人コード:A009697
2.法人の名称:
 財団法人フランスベッド・ メディカ
 ル ホームケア研究・助成財団
3.認定を受けた後の法人の名称:
 公益財団法人フランスベッド・メデ
 ィカルホームケア研究・助成財団
4.代表者の氏名:池田 茂
5.主たる事務所の所在場所:
 東京都新宿区西新宿6-22-1
       新宿スクエアタワー2F
6.公益目的事業:
(1)在宅ケアに関する研究及び
  事業に対 する助成事業(研究
  事業助成事業)
(2)在宅ケア関連サービスに関す
   る、人 的育成を図るための教
  育研修事業並 びにセミナー等
  を通じての啓蒙活動事業
(3)在宅ケアの対象となる高齢者
  や難病の子どもたち等への組織
  に対する支援助成事業
7.収益事業等
(1)在宅ケアに関連した、医療、
  介護、看護分野のニーズを捉え
  小冊子の発行事業
8.旧主務官庁の名称:厚生労働省


 
■2019年度(第30回)
 研究助成・事業助成
 ボランティア活動助成


 ―受付を締め切りました―

*助成金額及び採用予定件数
【研究・事業助成金】
 1件 概ね30~50万円、25題。
【ボランティア活動助成金】
 1件 概ね10万円、20題。

*応募期間
 2019年2月19日~
         2019年4月15日
           (当日消印有効)





■平成30年度(第29回)
研究助成・事業助成・ボランティア活動助成報告書の提出について


※助成期間は平成30年4月1日~
  平成31年3月31日までとなってお
  り ます。
  この期間外の諸費用には適用で
  ません。


※報告書の提出締切は
    平成31年5月31日です。


※報告書の様式はダウンロードでき
  ます。





■平成29年度
 研究・事業・ボランティア活動
 助成金採用者一覧


*平成28年度採用者

*平成2年度~平成29年度
  採用件数一覧




 2019年3月10日発行
   192号(春号)




日日 - HiBi -  Day-to-Day  

蕾という、美 ――。


■トップインタビュー
介護する人の労力を軽減する福祉用具、
それがわたしにとっての介護ロボットです

■地域の総合力をいかし、生活支援ロボットの実用化・普及を推進!

■動き出した遠隔医療
ITネットワークの普及で各分野で実用化が進む「遠隔医療」

■トピックス
生活支援ロボットの開発事例

高齢者の生活に本当に必要なものは何か
地域と一体化した社会実証実験が進んでいる

■在宅ケアを支える人々
「こんな道具がほしい!」
利用者が声をあげるから福祉機器の可能性が広がる

■トピックス
福祉用具の活用事例
変形性膝関節症用装具

■トピックス
研究助成・事業助成・ボランティア活動助成 募集要項

■フランスベッド財団年間行事予定

定期購読受付中

申し込みはこちら


バックナンバーもございます。

どうぞお気軽にお問合せ下さい。





次回号は2018年12/10発行です。
今しばらくお待ち下さいませ。








■調査研究事業による資料のご提供

『介護支援専門員の福祉用具の活用および福祉用具専門相談員との関係に関する調査研究(調査報告書)』を 作成いたしました。
 PDF形式でダウンロード出来ますので、
 下記のボタンをクリックしてご利用下さい。
 お役立て頂けましたら幸いです。

    

発行日:平成 27 年 8 月
発行:公益財団法人フランスベッド・メデ
    ィカルホームケア研究・助成財団
調査監修:桜美林大学大学院
       老年学研究科
       教授 白澤政和








■10月1日は「福祉用具の日」

福祉用具 利用・活用体験談

福祉用具 利用・活用体験談










個人情報保護方針について

個人情報保護方針についてご案内
いたします。




       
| トップページ | 財団概要 | 助成事業 | 助成案内 | 研修・講習会情報 | 季刊誌 | 個人情報保護方針 |リンク | サイトマップ | お問い合わせ |
© 2004 FRANCEBED MEDICAL HOME CARE RESERCH SUBSIDY FOUNDATION All Right reserved.